助成金申請

助成金申請にあたって不当な解雇やリストラはNG

2017.3.2

キャリアアップ助成金 ,キャリア形成促進助成金 ,ブログ ,職場定着支援助成金

助成金申請にあたって不当な解雇やリストラはNG

受給の条件
助成金の補足

助成金申請では制度趣旨に合致した条件を満たしているかの書類審査に加え、
会社の実態も厳しく審査され、雇用環境の改善や労働者保護に即していないと判断されると
申請が却下されることがあります。
たとえば、申請前や申請後などの一定期間において、
正当事由なく事業主の都合で従業員を解雇したり、事業主都合での解雇とならないよう、
従業員に対して退職を推奨するような行動をとっていたことが分かると、
支給が受けられません。
助成金申請にあたっては一定期間における従業員名簿や、
入退職の履歴が確認できる書類などの提出を求められることもあります。

このように厳しく確認がなされるのは、不当な助成金受給を防止する目的があります。

たとえば、若年者や中高年者、障がい者など助成金の対象となる人材を新規採用して
助成金を受け取っておきながら、従来から雇用していた人材を正当事由なく解雇して、
全体的な人件費負担の増大がないようにするといった画策は認められません。

PAGE
TOP