助成金申請

助成金申請に必要な就業規則の変更と周知徹底

2017.3.12

キャリアアップ助成金 ,キャリア形成促進助成金 ,ブログ ,職場定着支援助成金

助成金申請に必要な就業規則の変更と周知徹底

社員教育の説明
助成金漫画
助成金には子育て支援策の導入や従業員の福利厚生の充実やキャリア支援、
雇用創出などの社会的に抱える課題の解決に貢献することで受け取れるものがあります。

企業ごとに独自の子育て支援策やキャリア支援を行う場合、
それが実際に適用され運用されているかが確認できないと助成金申請ができず、
支給も認められません。
その確認を得るうえでも、まずは就業規則に制度を盛り込み、
従業員の賛成と周知徹底を図る必要があります。

たとえば、どんなに素晴らしい子育て支援策を作成しても、
それを従業員が知らず利用することがなくては絵に描いた餅であり、意味がありません。

そのため、従業員とのルールを定める就業規則に規定を盛り込み、
周知徹底を図る必要があります。
就業規則の改変にあたっては、
従業員が不利な状況に陥らないよう、従業員に変更の説明をして賛成を得る必要があります。

そのうえで、変更した終章規則を添付のうえ、助成金申請を行う必要があります。

PAGE
TOP