助成金申請

助成金事例


助成金事例をご紹介します。

補助金、助成金の収益効果は絶大です。例えば、年商5000万の事業所で、営業利益が250万でたとします。この場合売上に対しての営業利益率は5%です。この事業所では250万の営業利益を出すためには5000万の売上を必要とします。つまり、この会社では補助金・助成金で250万得るということは売上を5000万上げるのと同等の効果があるということです。

通常は売上をあげるために、商品、サービスを準備し、在庫を確保し、営業マンが営業活動をし、経費を負担し、事務所賃料もはらいます。そういった費用を差し引いた金額が利益として残ります。補助金、助成金は雑収入扱いになりますので直接経常利益アップにつながりますので、経営的にも大きなインパクトがあります。

助成金の収益効果

PAGE
TOP