助成金申請

助成金とは


助成金・補助金は支給元によって大きく3つにわけることができます。

助成金・補助金は支給元によって大きく3つにわけることができます。

働く人への助成金

「人」に関する活動に対して助成金を支給。
使い方としては一番利用をしやすい助成金です。

事業推進の補助金

事業推進に対して管轄省庁より補助金を受けることができます。
一般的には補助金と言われます。

環境に関する助成金

自治体ごとに異なります。
公募のタイミングも異なるので取得は助成金ごとによって違います。
金額としては大きい場合が多いです。

助成金の特徴は

①助成金は返済不要のお金です。
②私たちが納めた雇用保険が財源です。
③条件を満たしていれば支給可能です。
④親切な案内はございません。自ら調べる必要があります。

助成金のメリット

○事業外の収益獲得
本業とは関係のない収益がはいります。例年続いている制度もありますので、事前に準備しておけば計画的に利用することが可能です。補助金、助成金の収益効果は絶大です。例えば、年商5000万の事業所で、営業利益が250万でたとします。この場合売上に対しての営業利益率は5%です。この事業所では250万の営業利益を出すためには5000万の売上を必要とします。つまり、この会社では補助金・助成金で250万得るということは売上を5000万上げるのと同等の効果があるということです。通常は売上をあげるために、商品、サービスを準備し、在庫を確保し、営業マンが営業活動をし、経費を負担し、事務所賃料もはらいます。そういった費用を差し引いた金額が利益として残ります。補助金、助成金は雑収入扱いになりますので直接経常利益アップにつながりますので、経営的にも大きなインパクトがあります。

助成金の収益効果

○基本的に返済不要です
補助金、助成金は企業の収益となります。融資と違い返済不要です。従業員数名、年商数千万の企業でも年間数百万の助成金を獲得している例は多くあります。

○事業計画、人事制度計画をつくる大きな糧となる
支援を受けるには事業所としての計画を考える必要があります。事業計画書を作成できれば金融機関や取引先への事業説明にも利用できます。これまで整備できていなかった計画や制度を作成することや、これまであったものを見直すきっかけとなります。

○従業員満足度の向上
助成金を活用して評価制度の労働環境を向上させる制度を導入したり、従業員の教育訓練を充実させたりすることで、働きやすい環境が整います。魅力ある労働環境は人材採用のしやすさにもつながり、退職率の低下にもつながります。

○社外向けのPR材料になります。
補助金、助成金を獲得することは公的機関の審査を得た証拠です。「当社の○○事業は○○補助金に採択されました」と社外にPRすることで計画的に業務を遂行していることをアピールできます。また、金融機関からの借り入れがスムーズになることもあります。

助成金と補助金の違い

助成金は補助金と違い、審査がありません。
要件を満たしているかどうかが重要です。
助成金と補助金の違い

受給要件のご確認

まずは、受給条件をご確認ください

☑ 正社員を1名以上雇用している
☑ 雇用保険、社会保険を払っている   
※社員数5名未満の個人事業主は雇用保険のみでもOK
☑ 半年以内に会社都合の解雇をしていない
☑ 残業代未払等、労務違反を犯していない

条件に合致するならほぼ100%受給可能です。
例外として、法律違反、労務違反している場合は受け取れません。
また、犯罪となる行為はもちろんNGです。

無料面談に申込む

オンラインでのお問い合わせは24時間受け付けております。頂いたご質問は確認後、随時ご返信させて頂きます。ご要望・ご意見等も受け付けております。

以下の必要項目を入力後、利用規約・個人情報の取り扱いについてご確認のうえ、「個人情報の取扱について同意して確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
は必須項目です。

会社名
【例:株式会社Rit】
お名前
【例:田中 太郎】
お名前(ふりがな)
【記入例:たなか たろう】
メールアドレス
ご連絡先
【記入例:03-000-0000】
住所
【例:東京都千代田区神田須田町2-25】
お問い合わせ内容
個人情報に同意する  ※個人情報取扱いについて

PAGE
TOP