助成金申請

助成金の基礎知識を知って活用する


助成金の基礎知識を知って活用する

助成金制度とは、国や地方自治体を始めとする公共機関によって金額を支給される制度のことです。
多くの場合では、政策上の必要性や目的を果たすために行われる措置となります。

企業向けの助成金は、支給を受けるための要件や条件が決まっており、その要件や条件を満たしていること、そして所定通りに助成金申請が行われることが最低限度として必須です。

さらには要件や条件などの審査が必要な場合もあり、それについても助成金の種類において様々とあります。
その主なメリットは金銭の支給であり、それが支給されることで、企業の環境整備など構築が促進されます。
また助成金の性質で大きなメリットは、一旦支給を受けてもそれを返済する義務がないことです。
つまり融資と違って、お金を借りるわけではないので返さなくても済むため、支給を受けた企業にとっては、負担が軽くなったり新たな予算が生まれたりするメリットもあります。
ただ積極的に助成金の支給を受けるため、助成金申請を行っていくことが重要なポイントとなります。
もし要件や条件に該当してでも所定の申請を行わなければ支給を受けられません。
また期日や予算額も決まっている場合が多いため、早めに申請を行うことも大事です。

返済不要の助成金は起業家の強い味方

会社を新しく設立する時や、今までの事業の他に新規事業を開拓する時、今まで一人でやってきた仕事で人を雇う時など、起業家にとっては会社の色々な面で常に資金繰りを考える必要があります。

その時に、ぜひ利用したいのが助成金です。

今雇っているパートの方を正社員に登用する時や、社会保険加入や賃金の改定などの処遇改善を行う時など、様々なコースが用意されている主に非正規雇用者の雇用に関する助成が受けられる「キャリアアップ助成金」を始め、色々な助成金があります。

助成金の最大のメリットは、原則受給を受けても返済不要という点です。資金繰りの為に金融機関から融資を受けた場合には、利子をつけた状態で返済していく必要がありますが、助成金にはその必要がありません。条件を満たして助成金申請を行えば、受給が可能です。

申請期間も長期間もしくは随時可能な場合が多いので、受給条件に該当する場合には忘れずに助成金申請を行うようにしましょう。

PAGE
TOP