助成金申請

創業時の助成金・補助金


起業家向けの補助金と助成金のメリットとデメリットを知ろう

起業をする際には、色々な資金やかかります。それを補助してくれる補助金や助成金が存在していますが、メリットとデメリットもあります。助成金や補助金の種類によって異なりますが、メリットは原則的に返済不要という事です。

起業の際の資金調達の為に、金融機関へ融資を行う場合が多いですが、融資を受けた金額については利子も含めて返済する必要がありますが、助成金や補助金は返済する必要がありません。それぞれの補助金や助成金ごとにメリットを見ると、創業促進補助金によって世の中に新しいサービスや企業が誕生する活力になったり、小規模事業者持続化補助金によって小規模事業者でも、起業に対して前向きになったり、キャリアアップ助成金によって非正規雇用者の雇用安定や、更に優秀な人材の育成にも繋がったりといった事があります。補助金や助成金のデメリットは、助成金申請を行っても種類によっては審査に通過しなければ受給できない所、また原則後から支払われるので、一旦起業や人材育成に資金を調達したり、実際に使う必要があります。

起業家向けの助成金と補助金を知ろう

起業の為に受けられる助成金と補助金がある事は、意外と知られていません。
大きく分けて4つある種類と、特徴について知り、しっかりと助成金申請の上お得に活用しましょう。

一つ目が、経済産業省系の補助金です。
新しいサービスやニーズに応じた事業を起こす際の創業促進補助金や、事業継承をした会社が新しい分野の事業を興す際の第二創業促進補助金、小規模事業者が対象の小規模事業者持続化補助金があります。

二つ目が、厚生労働省系の助成金です。
派遣社員やパートタイマーなどの非正規雇用者をキャリアアップする際に出るキャリアアップ助成金があり、正社員や人材育成などのキャリアの為のコースや、保険に加入できるように処遇改善などのコースがあります。

三つめが、自治体独自の補助金です。
自治体によって金額や特徴も異なりますが、事業所の家賃補助や、融資を受けた金融機関への利子への助成などが主にあります。

四つ目が、大手企業や財団などが出資している補助金や助成金です。

起業家向け補助金と助成金には、こんな注意点がある

新しく会社を興す時や、新規事業を開拓する時、非正規雇用をしている労働者のキャリアアップなどの人材育成をしたい、と思った時には資金が必要になります。そんな時に強い味方になるのが、起業家向けの補助金と助成金です。いずれの助成金申請の際にも、一定の要件を満たすなどの気を付けてるべき注意点があります。確実に補助金や助成金を受給できる為に注意点を見てみましょう。

ひとつは、補助金や助成金は、申請するとすぐに貰えるという訳では無く、その補助金や助成金を受け取る為の実績を確認され、認められてからの受給になる、いわゆる「後払い」という事です。例えば、キャリアアップ助成金を受け取る為には、実際に正社員や人材育成の為に職業訓練をしたり、保険加入や処遇の待遇を行った後にしか申請できません。

もうひとつが、全ての起業家が助成金や補助金を受け取れる、という訳ではない所です。要項を満たす事は勿論、経済産業省系の助成金の場合は審査に通らないと受給できません。

起業をする時に可能な助成金と補助金の種類とは

起業や開業をする時に必要な資金や開業後の安定期間までの運転資金など、起業後しばらくは何かと資金が不足しがちになるが、このような時に利用するのが、金融機関からの融資と並んで視野に入れたいのが助成金や補助金の類になります。

融資と助成金や補助金の大きな違いは、返済の必要性の有無になりますが、助成金や補助金に関しては、基本的に返済は不要になっています。助成金と補助金の違いは、助成金は申請内容が問題なければ受けられますが、補助金は定められた予算があるので、難易度が高くなる傾向があります。申請できる期間も、助成金申請は基本的に随時受け付けていますが、補助金は一定の公募期間しかありません。

助成金と補助金の種類は全部で4種類あり、経済産業省の補助金、厚生労働省の助成金、自治体の補助金・助成金と企業や政府系の金融機関の補助金・助成金になります。

経済通産省の補助金は企業の促進や地域自治体の活性化を目的とした補助金です。厚生労働省系の助成金はキャリアアップ助成金とも呼ばれるものですが、原則的に企業に対しての従業員の雇用に関する助成金なので、雇用目的以外の場合には難しい助成金になります。

自治体の補助金や助成金は、区市町村で独自に行っている補助金や助成金ですが、地域によってかなり差があるので、事前の確認が必要になります。企業や政府系の金融機関が行っている補助金や助成金は、かなり優秀な計画などがあれば、審査に通りますが、基本的にかなり高い基準になっています。

助成金も補助金も返済が不要なだけにとても良いものに感じますが、基本的に後からの入金になるので、事前に資金が用意されている必要性があります。

PAGE
TOP